ページ本文

金融検査とは?

  1. 金融検査の目的

     東北財務局においては、管内の銀行、信用金庫、信用組合等の金融機関の業務の健全性や適切性の確保及び金融機関が金融仲介機能(注1)を適切に果たしているかなどの検証を目的として、金融検査を行っています。
    (注1)金融仲介機能とは、多くの方から預金等で資金を集め、これを資金を必要とする人に貸出すという金融機関の機能であり、経済の重要なインフラです。

  2. 金融検査マニュアル

     金融検査は、金融庁が検査官のための手引書として策定した金融検査マニュアルや金融検査マニュアル別冊〔中小企業融資編〕等に基づいて行われています。
     この金融検査マニュアル等は、金融庁が中小・零細企業の事業主の方々や住宅ローンの借り手の方々を支援するためにとりまとめ、公表した「中小企業等に対する金融円滑化対策の総合的パッケージ」(注2)を踏まえ、平成21年12月4日に改定されています。

    (1)金融検査マニュアル改定の考え方
        金融検査マニュアルの構成、内容は、従来のリスク管理中心のものから次の2点を柱とするものとしています。
       (a) 金融機関のコンサルティング機能(経営相談、経営指導)をはじめとする金融円滑化。
         (b) 金融機関の健全性の維持・向上。


          (2)金融検査マニュアル改定の概要
              金融検査マニュアルの改定(注3)により新設された「金融円滑化編」の概要は次のとおりです。

        〇 金融円滑化に係る管理態勢の整備等。
        〇 取引先である中小企業に対する経営相談・経営指導及び経営改善計画の策定支援等の取組み。
        〇 金融円滑化の適切な実施。
        〇 中小企業について、条件変更を行っても「貸出条件緩和債権」に該当しない要件を従来に比べて拡充。


(注2)「中小企業等に対する金融円滑化対策の総合的パッケージ」は、金融庁が平成21年10月22日に取りまとめ、公表したものであり、その概要については、金融庁ホームページ「中小企業等に対する金融円滑化対策について外部リンク」に掲載しています。
(注3)改定後の金融検査マニュアルは、金融庁ホームページ「PDF預金等受入金融機関に係る検査マニュアル」に掲載しています。

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局理財部検査総括課
電話022-263-1111 内線3029、3721

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader