ページ本文

牛肉から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたことを踏まえた金融上の対応について

 福島第一原子力発電所の事故発生以降に収集された高濃度の放射性セシウムを含む稲わらが給与された肉用牛の牛肉から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出され、肉用牛農家をはじめ関係する個人・中小企業者、ひいては地域経済への影響が懸念されることから、下記のとおり管内預金取扱金融機関関係団体等に要請したのでお知らせします。


 

 肉用牛の牛肉から放射性セシウムが検出されたことにより影響を受けた農家等をはじめ取引先に対し、県や関係機関とも連携しつつ、丁寧かつ親身になって経営相談に応じるとともに、返済猶予等の貸付条件の変更等やつなぎ資金の供与等の申込みがあった場合には、中小企業金融円滑化法の趣旨を踏まえ、これまでと同様にできる限りこれに応じるよう努めること。

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局理財部金融調整官
Tel 022(263)1111 内線3715

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader