ページ本文

金融犯罪被害防止等のための取組みを強化しています

 東北財務局では、東日本大震災以降、義援金等を装った詐欺や悪質な投資勧誘などについて注意喚起を図ってきたところですが、最近では、特に高齢者を標的とする金融犯罪が発生していることから、被害を未然に防止するための取組みを強化しています。
 当局職員が各地のコミュニティ活動や各種団体の会合などに出向いて、

  • 未公開株やファンドなどを騙る怪しい投資勧誘
  • 高齢者を狙った、振り込め詐欺や還付金詐欺

など、日頃から注意していただきたい内容を説明する出前講座を行っています。
 本件の取組みにあたって、8名の専門相談員を配置するとともに、関係機関との連携を図るなど、体制面も整備・強化しました。
 今後も、未公開株等の金融犯罪の事例をわかりやすく説明するなど、きめ細やかな啓発活動を積極的に行って参ります。
 

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局 理財部 金融監督第三課
電話:022-263-1111(代表)内線3021

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader