ページ本文

管内経済情勢報告

本報告は、東北財務局管内(6県)の経済動向を取りまとめたもので、年4回定期的に発表しているものです。

東北管内の経済情勢

令和3年7月報告の概要

総括判断:「管内経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、持ち直しつつある」
個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響がみられるものの、緩やかに持ち直している。生産活動は、輸送機械が半導体不足の影響により減産の動きがみられるものの、電子部品・デバイスが通信機器向けなどで好調となっているなど、持ち直している。雇用情勢は、新型コロナウイルス感染症の影響がみられるものの、緩やかに持ち直しつつある。

令和3年7月報告の詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

過去の東北管内の経済情勢

過去1年分の報告の詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

宮城県の経済情勢

令和3年7月報告の概要

総括判断:「県内経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、持ち直しつつある」
個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響がみられるものの、緩やかに持ち直している。生産活動は、電子部品・デバイスが通信機器向けなどで好調となっているほか、汎用・生産用・業務用機械が海外の設備投資需要を背景に高水準となっているなど、持ち直している。雇用情勢は、新型コロナウイルス感染症の影響がみられるものの、緩やかに持ち直しつつある。
 
令和3年7月報告の詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

過去の宮城県の経済情勢

過去1年分の報告の詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

管内他県等の経済情勢

管内他県等の経済情勢の詳細は下記リンク先をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader