ページ本文

旧法定外公共物(旧里道・旧水路)に係る土地境界確定申請のしおり

申請者用

 この「しおり」は、法定外公共物のうち、その機能を喪失した旧里道・水路に関する土地境界確定の申請手続きについて説明しています。
 内容に不明な点がある場合は、最寄りの財務局・財務事務所(最終ページに記載)にお気軽に相談してください。
地方分権一括法が施行され、国と県や市町村の間の業務について、広く見直しが行われました。
その一環として、法定外公共物(里道・水路)に関する取扱いも平成17年4月から変更されています。
これまでとは異なる取扱いとなっていますので、ご注意願います。

法定外公共物:旧里道・水路(ため池・湖沼を含む。)

平成16年度末までに市町村に譲与             平成17年度以降 
→ 自治事務として市町村が管理               →国(財務局・財務事務所)が直接管理 

宅地造成地の中に里道や水路があっても、        「機能を喪失した里道・水路」と「隣接する 
勝手に埋立や付替をすることはできません。        あなたの土地」との境界を確定したい場合
                                   や一体で利活用したい場合には手続きが
                                  必要です。 

まず市町村役場に相談してください。            まず財務局・財務事務所に相談してください。
 
 

地方分権一括法は国と地方の責任の明確化を図るため平成12年4月に施行されました。

あなたの土地と隣接する国有地との境界を確定したい場合は、土地境界確定申請書を提出してください。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader