ページ本文

「RESAS・ビッグデータ活用セミナー」を開催しました

 東北財務局は、平成29年5月15日、「RESAS・ビッグデータ活用セミナー」を下記のとおり開催しましたのでお知らせいたします。

1.概要

 東北財務局では、地方公共団体を通じて地域の課題を把握し、その課題の解決に向けた取組みを支援しております。
 今般、東北財務局と仙南地域5市町と締結した「地域活性化に関する包括連携協定」に基づき、「地域経済分析システム(RESAS)」やビッグデータの活用・促進に向けた「RESAS・ビッグデータ活用セミナー」を開催しました。
※ 本セミナーにおいて説明した、経済産業省が提供する地域経済分析システム(RESAS)や日本政策投資銀行が提供するビッグデータは、地方創生の取組を情報面から支援することを目的に構築されています。

2.開催日時

平成29年5月15日(月曜日) 13時30分

3.会場

東北財務局(仙台合同庁舎B棟)

4.参加機関

宮城県、宮城県内市町村(地方創生担当・商工観光担当)、東北財務局職員

5.内容

  1. ビッグデータの活用について
[講師:日本政策投資銀行 地域企画部 坂本課長]
日本政策投資銀行から講師をお招きし、地域経済活性化に向けたビッグデータの活用に関して、観光予報プラットフォーム推進協議会(事務局:公益社団法人日本観光振興協会)が提供するWebマーケティングツール「観光予報プラットフォーム」を参考に、観光地の宿泊データ等の集計情報を用いた様々な角度からの分析や、移住・定住の促進に向けた参考事例などについてご講義いただきました。

((株)日本政策投資銀行 坂本広顕氏)

  1. 「地域経済分析システム(RESAS)」の活用について
[講師:東北経済産業局 総務企画部 総務課 齋藤調査員]
「地域経済分析システム(RESAS)」は、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化することができます。このシステムの活用に関して、東北経済産業局からシステムの活用支援を行っている職員を講師としてお招きし、システムで用いるデータや操作方法、活用事例などについて、実際にシステムを操作しながらご講義いただきました。

(東北経済産業局 齋藤貴博氏)

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局 総務部 総務課

電話 022-263-1111(内線 3014,3760)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader