ページ本文

つながろう!若手公務員シンポジウム in 仙台 を開催します【5/25】

 東北財務局では、東北各地の地方創生を応援するため、「つながろう!若手公務員シンポジウム in 仙台」を下記のとおり開催します。
 シンポジウムでは、神奈川県庁の脇(わき)政策推進担当部長・観光部長のほか、様々な立場で「企画力」と「巻き込む力」を発揮している方の取組を聞き、意見交換を行います。また、シンポジウム後に交流会を開催し、参加者やゲストと交流する機会もあります。
 なお、参加には申込が必要です。先着順となりますので、早めに申込みください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

1.目的

 高齢化が進む課題先進地域である東北地方においては、他の地域以上に、国と地方、官と民が一体となって地方創生に取組む必要があります。
 昨今、国の補助事業認定は、各地方自治体、又は担当職員の「企画力」や「巻き込む力」を必要とするほか、効果的な、継続的な施策を実施するには、民間活力の活用が求められています。
 こんな時勢の下、「公務員の可能性」について仲間(参加者)と考えることを通じて、今の公務員に求められる「企画力」と「巻き込む力」を養い参加者の意識や行動を変える(変わる)ことにより、各地の地方創生が進展してほしいと期待を込めて開催します。

2.日時

  • 「シンポジウム」 平成30年5月25日(金曜日) 14時30分から17時15分
  • 「交流会」 18時00分から20時00分

3.会場

仙台合同庁舎A棟8階 講堂(受付:A棟1階)
 所在地:仙台市青葉区本町3-3-1

4.対象

  • 国や東北地方の公務員(中堅・若手)
  • 民間企業(紹介制)
  • 大学生

5.内容及び参加申込書

官民ゲストスピーカーリレートーク(50分)

  • 羽後町役場 企画商工課主任 佐藤正和 氏
  • 仙台市役所 プロジェクト推進課長 中野賀枝子 氏
  • (株)第一広告社 地域デザインプロデューサー 伊藤愛発 氏
  • じゃらんリサーチセンター エリアプロデューサー 竹直也 氏
  • 東北財務局 総務課企画係長 菅野大志 氏

脇 雅昭 氏 講演(45分)

演題:公務員の可能性を考える

参加者とゲストとのSESSION!(60分)

参加者や大学生の質問にゲストが答えます。参加者の取り組みもご紹介下さい。

ゲスト・参加者との交流会(会費制)

ゲストも参加しますので、交流を深めましょう!

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局 総務部 総務課
電話 022-263-1111(内線3762、3760)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader