ページ本文

長井市において「地域活性化フォーラムin長井」を開催しました

 東北財務局では、地域密着型金融の推進をはじめ各種施策を行っておりますが、今般、地方創生に向けた地域連携の取組みの一環として、地域のメインプレーヤー(地方公共団体・金融機関・地元経済団体)と連携し、長井市における地域経済の活性化や長井市総合戦略の実行に向け、実務担当者による「地域活性化フォーラムin長井」を以下のとおり開催いたしました。

1.日時

平成28年12月14日(水)
(1)現地視察 14:30~15:25
  長井小学校第一校舎、イノベーションLab.長井.i-bay

(2)フォーラム 15:30~17:15

2.会場

置賜地域地場産業振興センター(タスビル) 3階アイリス

3.出席機関(順不同)

長井市、長井商工会議所、(株)山形銀行、(株)荘内銀行、(株)きらやか銀行、米沢信用金庫、山形中央信用組合、(株)日本政策金融公庫、(独)中小企業基盤整備機構、東北経済産業局、東北財務局山形財務事務所

4.結果概要

(1)主催者挨拶
長井市、東北財務局から、開会の挨拶が行われた。

(2)事業概要の説明
一 しごと創出イノベーション事業(インキュベーション機能の強化による企業・創業支援について)

二 歴史的建造物(長井小学校第一校舎)のリノベーションによるコンパクトなまちづくり促進事業について

(3)意見交換
 2事業の説明等を踏まえ意見交換が行われ、インキュベーション施設の活用方法として、既存企業の新事業を立上げのために活用できないかとの意見や、地域資源を活かし差別化を図る必要があるなどの多くの意見が挙げられた。
 また、長井小学校第一校舎のリノベーションについては、未来に残すべき価値のある財産であり、長井市のまちづくりの中核施設として人が集う仕掛けやイベントによる集客が必要であるとの意見や、生涯学習の場としての活用、介護施設としての活用など様々な意見が提案された。
 長井市の地域活性化、地方創生の実現のためには、金融機関や関係機関による継続的なサポートが必要であること、などの意見が挙げられた。

(施設見学:長井小学校第一校舎)

(挨拶:内谷長井市長)

(挨拶:東北財務局阿部山形財務事務所長)

(まとめ:財務省大臣官房橋本地方連携推進官)

(フォーラム全景)

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局 山形財務事務所 総務課
〒990-0041 山形市緑町二丁目15番3号
TEL 023(641)5177(内線20)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader