ページ本文

2010年11月1日

 豪雨災害に見舞われた奄美大島の皆様、本当に大変だと思いますが、頑張ってください。財務局では、災害復旧費を決定する査定立会業務を担当しており、奄美大島を所管する九州財務局だけでは人手が足らない場合には、東北財務局からも応援を出し、早期に災害復旧費を決定し、一日も早い復旧に努めます。
 10月29日(金)全国財務局長会議が開催され、私の方からは、東北管内の経済情勢に加え、地域経済の活性化の方策としてのアグリビジネスについて、野田財務大臣及び桜井副大臣をはじめ、財務省幹部へ報告しました。東北地域においては、観光と農業分野の潜在的可能性が高いと言われていることから、今回はアグリビジネスを取り上げました。
 東北地域におけるアグリビジネスについては、意欲と能力のある農業事業者のご努力、それを支える国、地方公共団体、地域金融機関等による支援により、多くの成功事例が出てきています。しかしながら、農業全体の規模を考えますと、未だニッチな分野での成功と言わざるを得ません。更なる活性化を図るためには、国、県、政府系金融機関、JA、地域金融機関等の連携(特に、JAとの連携)が重要な課題であると、報告いたしました。
 難しい問題を内包した課題でありますが、東北財務局としては、地域金融機関による地域活性化を推進する立場から、関係者の連携強化の課題に取り組んで参りたいと考えております。

【東北管内経済情勢(平成22年7-9月期)を報告】

東北管内経済情勢(平成22年7-9月期)を報告

 全国財務局長会議において、「東北管内の経済情勢は、厳しい状況にあるものの、緩やかに持ち直してきている。先行きについては、海外経済の動向や為替レートの変動などにより景気が下押しされるリスクが強まっており、これらの動きを注視していく必要がある。」と報告しました。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader