ページ本文

未利用国有地の管理等業務(宮城県分)

このページは検索結果から直接表示できません。
上記パンくずリストから、一つ上の階層をクリックしていただき、調達情報の一覧表からお探しいただきますようお願いします。

入札及び契約の過程並びに契約の内容に関する事項の公表(一般競争入札:総合評価)

業務名 未利用国有地の管理等業務(宮城県分)
業務場所 宮城県仙台市青葉区米ヶ袋1-140-3 ほか
業務種別 役務の提供等
業務概要 宮城県内に所在する未利用国有地の管理等
業務期間 平成26年4月1日~平成29年3月31日
競争参加資格 (1) 「巡回業務」を行う者は、平成25・26・27年度財務省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等」(建物管理等各種保守管理)の「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされ、東北地域の競争参加資格を有する者であること。
(2) 「草刈業務」を行う者は、平成25・26年度財務省東北地区競争参加資格「造園工事」の「A」、「B」又は「C」の等級に格付けされている者、又は同「土木一式工事」の「A」、「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされている者、あるいは平成25・26・27年度財務省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等」(建物管理等各種保守管理)の「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされ、東北地域の競争参加資格を有する者であること。
(3) 「柵設置業務」を行う者は、平成25・26年度財務省東北地区競争参加資格「造園工事」の「A」、「B」又は「C」の等級に格付けされている者、又は同「土木一式工事」の「A」、「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされている者、あるいは平成25・26・27年度財務省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等」(建物管理等各種保守管理)の「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされ、東北地域の競争参加資格を有する者であること。
(4) 「看板作成設置等業務」を行う者は、平成25・26年度財務省東北地区競争参加資格「造園工事」の「A」、「B」又は「C」の等級に格付けされている者、又は同「土木一式工事」の「A」、「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされている者、あるいは平成25・26・27年度財務省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等」(建物管理等各種保守管理)の「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされ、東北地域の競争参加資格を有する者であること。
 宮城県及び仙台市の屋外広告物条例に基づき、屋外広告業の登録を受けているものであること。
(5) 「樹木伐採業務」を行う者は、平成25・26年度財務省東北地区競争参加資格「造園工事」の「A」、「B」又は「C」の等級に格付けされている者、又は同「土木一式工事」の「A」、「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされている者、あるいは平成25・26・27年度財務省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等」(建物管理等各種保守管理)の「B」、「C」又は「D」の等級に格付けされ、東北地域の競争参加資格を有する者であること。
契約の相手方及び住所 株式会社オイラー
岩手県奥州市水沢区東大通り三丁目7番15号
契約年月日 平成26年4月1日
契約金額(税込み) 9,824,975円
予定価格(税込み) 18,576,000円

入札状況
区分 入札業者名

入札金額
(単位 円:税抜き)

合否 総合評価点 摘要
9,097,200
1 株式会社オイラー 888.5481 落札
2 株式会社JAPAN丸丙 9,061,600 855.2573  
3 株式会社トーカンオリエンス 9,211,740 832.2640  
4 株式会社千葉園芸 9,865,200 815.1481  
5 株式会社テーシー東北 9,449,100 798.1289  

低入札価格調査の概要

業務名:未利用国有地の管理等業務(宮城県分)
調査を実施した業者名及び住所:株式会社オイラー 岩手県奥州市水沢区東大通り三丁目7番15号

項目

内容

(1)当該価格により入札した理由 (1)本業務の請負実績があり業務内容を把握しており、効率的な業務遂行が可能であること、(2)営業所の活用や自社での業務遂行により経費節減が図られること、などから、本件価格による業務実施が可能と判断したものである。
(2)本件契約の履行体制 業務統括責任者を中心に業務履行体制を確保することとしている。
(3)本件契約期間中における他の契約請負状況 地方公共団体からの請負実績がある。
(4)手持機械数の状況 除草で使用する刈払機等を手持ちしている。
(5)国及び地方公共団体等から過去において履行した契約件名及び発注者 東北財務局発注の国有財産管理業務ほか。
地方公共団体、国の機関から複数の受注実績がある。
(6)経営内容 特に問題はない。
(7)事情聴取した結果についての調査検討 相手方から聴取した各調査項目において特段問題が認められないほか、相手方の積算内訳の分析においても当局の仕様どおり業務履行が可能であると認められる。
よって、当該入札業者を落札(予定)者と決定し、契約することが妥当であると認められる。
(8)信用状態 特に問題はない。
(9)その他必要な事項 特になし。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader