ページ本文

平成29年度東北財務局就業体験(インターンシップ)の募集について

東北財務局では、以下のとおり就業体験(インターンシップ)を実施しますので、お知らせします。

1.目的

 東北財務局では、次世代の人材育成及び財務行政についての理解を深めていただくことを目的に、学生の方々に就業体験の機会を提供します。

2.対象者

 原則、大学(短期大学を除く)3年生又は大学院生のうち、大学から推薦された学生とします(3年生・大学院生以外についても、受入れは前向きに検討します)。

3.受入人数

 5名程度を予定(大学による推薦者数を勘案の上、決定します)。

4.受入部署・期間

 実習生の受入主管部署は、総務部経済調査課、理財部主計第一課及び管財部管財総括第一課とし、受入期間は、平成30年2月26日(月曜日)から3月2日(金曜日)までの5日間とします。また、実習時間は、平日の午前9時00分から午後5時45分までです。

5.応募方法

 平成30年1月26日(金曜日)までに、大学のインターンシップご担当者に応募願います。
 なお、学生個人からの直接の応募は受け付けておりません。大学を通じてのご応募をお願いします。
  • 大学のインターンシップ担当者の方
 担当者の方は、東北財務局就業体験実施要領をご覧いただき、参加を希望する学生から就業体験参加申込書を提出させ、取りまとめのうえ、就業体験実習生受入協議書とともに、東北財務局総務部人事課人事係に平成30年1月31日(水曜日)頃までに提出してください。
 (注)就業体験実習生受入協議書には、必ず別紙を添付してください。
  • 学生の方
 当局のインターンシップに興味をお持ちの方は、東北財務局就業体験実施要領をご覧いただき、大学のインターンシップご担当者へご相談ください。

6.受入学生の決定

  • 大学から提出された書類をもとに書類選考のうえ、平成30年2月7日(水曜日)までに受入れの可否について、大学あてに連絡します(申込み多数の場合は、募集人数の関係からご希望に沿いかねる場合もありますので、 あらかじめご了承ください)。
  • 受入れが決まりましたら、大学と東北財務局との間で覚書を締結します。また、受入れが決まった学生は、誓約書を記入し大学の担当者へ提出してください。
  • 大学は、取りまとめのうえ、東北財務局へ提出願います。

7.諸費用

 交通費、食事代その他実習にかかる費用は、各自で負担していただきます。

8.その他

 詳しくは、下記の就業体験実施要領をご覧ください。

本ページに関するお問い合わせ先

〒980-8436

宮城県仙台市青葉区本町3-3-1 仙台合同庁舎B棟

財務省東北財務局総務部人事課(田口・酒井)

電話番号:022-263-1111(内線3011又は3015)

ファックス:022-217-4093

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader