ページ本文

安定的な資産形成について考えるシンポジウム開催結果

 金融庁と東北財務局では、広く一般の方々に安定的な資産形成についての理解を促すことを目的として、「安定的な資産形成について考えるシンポジウム」を開催しました。

開催概要

  • 開催日時 平成30年1月30日(火曜日)14時から16時10分まで
  • 場所 仙台サンプラザ 3階 クリスタルルーム
  • 参加者 109名
  • 主催 金融庁、東北財務局
  • 後援 厚生労働省、文部科学省、金融広報中央委員会、NISA推進・連絡協議会、宮城県、宮城県金融広報委員会、仙台市、日本FP協会宮城支部
  • 当日の講演内容
第1部
  • 基調講演:「逆算の資産準備で考える生涯を通じた『お金との向き合い方』」副題:「率で考える」
  •  講演者:野尻 哲史氏(フィデリティ退職・投資教育研究所 所長)
第2部
  • 説明:「つみたてNISA」の制度及び投資教育教材の説明
  •  説明者:金融庁総務企画局政策課
  • 基調講演:「投資信託ではじめる資産形成」 副題:「非課税制度を使いこなす」
  •  講演者:竹川 美奈子氏(LIFE MAP, LLC代表)

シンポジウムの模様

 第1部基調講演では、野尻 哲史氏から、長い人生を生きるための資産形成の重要性について、「逆算の資産準備」という考え方など、具体的な事例を交えながら、わかりやすく解説いただきました。
 第2部では、 金融庁総務企画局政策課課長補佐の本田から、家計の安定的な資産形成に向けた金融庁の取組み、「つみたてNISA」や投資教育教材等をご紹介しました。その後、基調講演では、竹川 美奈子氏から、投資信託の種類・選び方や非課税制度の上手な活用の仕方等について、実践的な説明をいただきました。

会場の様子

野尻 哲史氏

金融庁 本田課長補佐

竹川 美奈子氏

シンポジウム参加者アンケート結果

詳細については以下をご覧ください。

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局総務部財務広報相談室

電話番号:022-263-1111 (内線3016)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader